So-net無料ブログ作成

石田衣良「電子の星 池袋ウエストゲートパークIV」を電子書籍で読んでみる

自分の中では「ようやく4巻めに突入」。

1年間に1~2冊しか読まないシリーズなので、全然進行しない。

春に読んだのは外伝だったけど、それ以来の久しぶり。

このシリーズは大好きだけど、全巻を読みきってしまうとモッタイナイので、少しずつ進めている。

今回の表題にもなっている「電子の星」編は誉田哲也氏の「ストロベリーナイト」を想起させる場面があり、かなりグロい描写もある。

苦手だなぁ、ああいうのは。

「悪の教典」のハスミンなら全く共感しないだろうけど。

マコト、タカシ、サルらが揃うとちょっと読書テンションが上がる(笑)。

 

印象の残っていた端役を上手くメインに据えてきたツインタワーの話も一風変わっていた。 

 

舞台が池袋と上野、という話もかなり斬新に感じられた。

「おぉ!遂に池袋以外でも活躍!」 

電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)


トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。